セミコロンの向こう

ピリオドじゃありません。どっか別のところ行っちゃってます。本人もどこに行くかさっぱり分かってません。

2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小泉劇場」を振り返って

ちょっと遅れてR25を入手。
今年の内政、外交、憲法に付いて総括がなされていた。
総選挙のことは、このブログで全く触れなかったので、今更ながらちょこっと見てみようと。
ついでに外交、憲法のことに付いてもちょこっと。

内政。
9・11の総選挙では、小泉総理率いる自民党が圧勝に終わったのは誰の目にも明らかだと思う。
あまりニュースを見ていない僕がこのことに付いて色々口出しするのはどうかと思うけれど、やっぱり色々なところで言われている通り、マスコミが自民党のことを毎日のように取り上げて報道したことが最大の宣伝になったのではないか。
その取り上げられ方は、もちろん皆さんもご存知の通り「刺客を送り込んだ」だの「小泉劇場」だの言われてますが、テレビの宣伝効果は抜群だったってのが、今回の選挙で再確認できたことなんでしょうね。
しかも、主婦が見ているようなワイドショーでも毎日のようにひっきりなしに連日連夜報道している有様。
一生懸命こき下ろしているようでも、マスコミの方々は自民党の広告塔になっちゃっていたんですね!

それにしても、小泉首相のパフォーマンスと言おうか、演説力と言おうか、それには舌を巻くばかりだと思った。
「マスコミの頭は相当悪い」って事を、ちゃんと理解してるんですからねぇ。
インパクトのある事をやれば(それがマスコミウケの悪いことならなおさら)、どういう形であれメディアに取り上げられ、名前を売る事が出来る。
それが批判的なものであればあるほど、それを見る人には印象が強く残るのだから、いくら自民党以外に票を入れさせようとも、他が霞んでしまうのは自明の理。
ある友達も言っていたのだけれど、批判があればあるほど注目を集めるというのは真理だと思った。
その結果として、あの圧勝があるのだと思う。
後付けで色々分析するのはたやすい事だ。
それを先に読んで、どうしたら票が入るかをいかにして見極めるかが選挙戦の行方なのだと思った。どうでも良いけど選挙には行かなかったな。


外交。
これはもう過去のエントリーを見てください。
特定アジアをどうするか、お上も色々苦労しているんでしょうな。


憲法。
自民党が必死になって変えようとしているのは9条なんでしょうね。
さすがにもう「解釈」だけでは追いつかなくなっているところがあるのは十分把握しているんでしょうね。
それにも拘らず、アメリカに媚びを売る姿勢はあまり賛成できませんが。
こうまでアメリカの言いなりになっちゃってるんなら、もうアメリカの51番目の州になった方が良いんじゃないかと思うんですが。
とにもかくにも、自衛隊を「自衛軍」に改めようとしている。
公明党がどこまで食らいついてこれを阻止できるかどうかって感じになるんでしょうか。
自民党があれだけの議席を確保している以上、残すところ国民がどう判断するか、ってことになってくるでしょうな。
国民も、マスコミに踊らされるだけじゃなくて、改憲する事によるメリット、デメリットを十分把握した上での判断を下して欲しいと思う。
と、いうよりマスコミがその責任を負っているんだけどなぁ。
デメリットばっかり知らせてんじゃないよ、と。
そういった点ではあんまり既存メディアで情報収集したときには、その「逆」の情報をインターネットで調べてみる、ってのも大いにアリだと思う。
投票に行くのが「高齢者」とか「主婦層」ばかりだと思われた今、絶対にマスコミはそういったターゲットに「反改憲」といったメッセージをマスコミが垂れ流すことは、容易に予想できるので注意が必要だと思う。
もちろん、様々な情報を基に「改憲すべきではない」という意見に達した1票ならば別なのだけれど。
各個人が「相対的思考」を持ってくれると良いのだけれど…。
うん、この「相対的思考」に付いては今度また書きます。

ランキング
↑ランキングに飛びます。
スポンサーサイト

コメント

大衆の注目を浴びるために小泉が出した写真集とかも、そもそも、そこから自民はおかしくなってんだと思う。
むしろ、小泉の息子はタレントだが、親(政治家)も自分はタレントかその類だと思ってるんじゃねーかな。
マスコミを使って大衆向けの政治展開にしたのは正解なのか、どうだか。
武部の命令で自民の挨拶をアドリブで杉村太蔵にしたこととかさ、もはや国会もテレビ番組のようなものになっている。
あいつらが日本の与党と思うとウンザリするね。

でも、選んでるのは国民だからなぁ。
一人一人がそれなりの意識をはっきりと持たなきゃならんのかも分からんね。
ちゃんと党の政策とか公約なんかを念頭に置いて票を投じている人たちがどれだけいるかってことを考えると、やっぱり今の小泉首相みたいな手法がウケるってのは納得いくわ。
良い悪いとかじゃなくてね。

なんとなしに選挙で選んでしまってはいかんのは確かだね。
選挙区制度をもう一回改めることも大事だと思う。棚ぼた当選とか完全におかしい。
道路公団への天下りもなんとかせにゃならんし。
なにより議員の給料を削減すべき。
高学歴で政治家で生活安泰とか人生の方程式が定義されてることがおかしい。
国を運営するならば、アメリカみたいに破格の給料ですべき!!といってもそこまで安くもないけどね。
あとは、議員のプライドとかそんな私意的な感情や動作に振り回されたくもねぇわな。

別に汚職とかしなけりゃ、もうちょい給料上げても良いと思うけどね。
そのかわり無駄をなくして、民間企業並みに合理化してくれれば、だけど。
しっかり仕事しないのにあれだけの高級ふんだくってるんだから、そりゃ怒り心頭って感じにもなるわな。
国会で寝てるって、学生かよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showjoker78.blog49.fc2.com/tb.php/52-46b47d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。