FC2ブログ

セミコロンの向こう

ピリオドじゃありません。どっか別のところ行っちゃってます。本人もどこに行くかさっぱり分かってません。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学

コップの中に水が半分入っている。
あなたの目の前にそれがあるとき、あなたはそのコップの中にある水を「半分もある」と見るか、それとも「半分しかない」と見るか?
半分もある、と答えた人は心の奥底では、今現在の状況に満足しているが、半分しかない、と答えた人は心の奥底では、今現在の状況に満足していない。
自己実現をさせようと思ったら、まずは心の持ちようを変えることがとても重要になってくるだろう。
よくないことがあったからといって、そこでくさったりせずに、自分にプラスになるように考えるといいだろう。

   
えーと…上まで読んで、「なるほど、確かにその通りだ」と思った人、
「本当か?」、「何だか胡散臭いな…」とか思った人、色々いるでしょうが、あれで納得してしまった人はかなりいるんじゃないでしょうか?
心の問題が叫ばれて久しいけれど、心理学というものがかなり広く一般の人にまで浸透してしまっているようだ。
「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」などという心理学の用語は一般に広く知られているが、「ヴァルネラヴィリティ」という社会学の用語は全くと言っていいほど、一般の人は知らないんじゃないか。
(参考:googleの検索結果
ヴァルネラヴィリティ の検索結果 約 14 件中 1 - 10 件目
心的外傷後ストレス障害 の検索結果 約 70,500 件中 1 - 10 件目)

心理学が広く一般にまで普及したり、心理学的な視点から社会現象を理解するのが当然になってくることを「心理主義」と呼ぶ。
これは、個人の心情が理解できれば、多用な社会現象を理解でき、さらに対人関係や社会を「よい」方向に導いていく事が出来るという信念に基づいている。
90年代半ばから2000年にかけて、不況の原因などが色々議論されたが、そこで出てきたのが「人々の不安」ということ。
要するに、一人一人が先の見えない状況で不安だから、出費を控えちゃているのだと。
また、姉歯建築士だとかヒューザーの話題で、ワイドショーもニュースも連日アホみたいに報道してるが、そこでは姉歯建築士やヒューザーの社長個人の経歴が延々と紹介されていた。
まるで、彼らのことを良く知れば、問題が解決されるとばかりに。

心理学をけなそうだとか、学問としてどうか、ということを言いたいわけではない。
みんなが一斉にそっちを向き始めるとどうなるか、もう一度良く考えてみてほしいのである。

えーと、もうちょい色々書きたかったんだけど、纏まりきらないからまた今度書きます。

ランキング
↑ランキングに飛びます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showjoker78.blog49.fc2.com/tb.php/34-aeadea61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。