FC2ブログ

セミコロンの向こう

ピリオドじゃありません。どっか別のところ行っちゃってます。本人もどこに行くかさっぱり分かってません。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に見せたくないテレビ

>たかがテレビじゃないか 子供に見せたくない番組対決 [ 11月08日 10時00分 ] ゲンダイネット

「週刊文春」が恒例の読者1000人アンケート「わが子に見せたくないタレント・TV番組ワースト20」の結果を発表した。
 で、番組部門の1位は予想通り「ロンドンハーツ」(テレ朝)。堂々の3年連続である。B・C級女性タレントを並べてそのメンバーの一人に「誰のパンツが一番汚れていそうか?」みたいな格付けをさせる。この「出演者が互いに選び合う」という“悪魔の仕掛け”を考案したところがミソだ。
(ソース→http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20051108100005/Gendai_18450.html)


昔から「臭いものには蓋をしろ」って言われてたけれど、この番組(というか、ランキングの上位に上がってきている番組)は敢えてそういった部分(人間の醜さ)を見世物にしている…と思う。
良い悪いは特に言及するつもりはないけれど、リンク先にもあるように、「恥の文化」といった部分はとっくの昔になくなってしまったのかなぁ、とは感じるのだが。
アメリカ化してきたというか、なんというか。
いやだから、それが悪いとかじゃなくて、アメリカに右に倣えってことが進んでるなんて思ってるのは間違ってるんじゃないのかなぁ、とは思ってみたり。
考えてみれば、テレビ局はある意味では視聴者が求めてるものを提供しているとも考えられる。
視聴率が取れなければ、自動的に打ち切られる事は目に見えているだろうから。
見せたくない番組ランキングで第一位になったとしても、視聴率自体は取れているのだから、テレビ局側としては終わらせる理由が無い訳で。
反対している人々と、楽しんで見ている人々との齟齬が埋まらない限り、こりゃもうどうしようもないよなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://showjoker78.blog49.fc2.com/tb.php/20-e3d92d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。