セミコロンの向こう

ピリオドじゃありません。どっか別のところ行っちゃってます。本人もどこに行くかさっぱり分かってません。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯罪者

「犯罪」に関わるとき、それは2面性がある。
「加害者」の立場と「被害者」の立場。

ライブドアのことが取りざたされているけれど、正直、うんざり。
「加害者」である堀江社長は、株式投資の初心者などから、誤解を恐れずに言えば「搾取」していた訳であって、される側のことは考えていたのだろうか。
「正直者が馬鹿を見る」ような社会であってはいけないってのが、僕の持論・・・だけど、そんなのはユートピアに過ぎないのかもしれないけれど、少なくともそうならないために多額の税金を支払っているのではないか。
・・・今更政府をアテにしているおめでたい人は、そんなにいないんだろうけど。

被害者のことがクローズアップされる時、どんなに酷い目にあったか、加害者はどんなに酷い事をしたかを浮き彫りにしようとする。
そうまでして加害者を社会から抹殺したいのか。
ライブドアという企業に付いて、いきなりああいったメスが入るなどとはあまり考えられないだろうけれど、社会に対して何らかの有益な価値を提供しているのかを、真剣に検討してみたのだろうか。

もうちょっと、相手のこと考えてみたらどう?ってのが結論なんですがね。
孔子の言葉、置いておきますね。
―「己の欲せざる所、人に施す勿れ」
スポンサーサイト

学生のmotivation

テスト期間で普段使わない頭をフル回転させていたら、そろそろオーバーヒートにならないかと心配になってきましたw
でも、友達の一人も言ってたんだけど・・・高校のときに比べたら格段にテストの内容が甘い気がする。
高校の模試なんかだと、本当に難しい問題が出たし、教科書の本当に欄外にちょこっと書いてあることまで出題されるのはザラだった。気がする。
それに比べたら今やってるテストなんて甘いよなぁ、などと友達が言っているのを聞いて納得してみたり。

ていうか、そこまでテストを難しくしたら単位をガンガン落とす学生が増えてくるんだろうけど・・・。
温情で単位くれる先生も多いから、その部分で留年する学生が随分減ってるんじゃないかと。
ま、ウチの学校はJABEEとかいう訳の分からん制度で先生の温情なんてものは受けられないんだけどな!!!11

フォー!!!!111

テストが始まったようです。他人事じゃありませんw
テスト期間中だけ体が持ってくれるのを祈ります・・・。
さ、もうちょっとやって寝よう。。。

時間があるときに、もうちょっとしゃっきりした文章書きます。
今は何だか理系の脳になってて、文章書けるような感じじゃない気がするw
てかそれはもう、大いなる勘違いなんだろうけどw



ライブドアがやばそうですね。
さっさとFC2に乗り換えた僕は勝ち組決定w
ヒルズ族は何だかインサイダーギリギリのことやってたみたいだし、どうなる事やら。
ヒューザーの小嶋社長も結構厳しく追及されてたし、結局因果応報なのかもわからんね。
真っ当なやり方で多くの人が頑張ってるんだから、近道通るんだったらそれなりのリスクがあるのは当然だってことだろうねぇ。

個人とその所属

中2女子を裸にした教諭を懲戒免職:ニッカンスポーツ
 埼玉県教育委員会は12日、女子生徒を裸にし胸を触るなどしたとして、県西部の市立中学校の男性教諭(45)を懲戒免職処分にした。

 県教委によると、教諭は昨年7月30日午後、顧問を務める運動部の部室で2年の女子生徒(14)に「身体計測をする」と言って運動着を脱がせ、胸囲などを計測。背後から抱きついて胸を触り、口にキスをした。

 教諭は「トレーニングの成果を見るため計測した。指示に従うのでかわいくなって抱きしめてしまった」などと話しているという。

 生徒が昨年11月、同中の女性教諭に「気持ち悪かった」と相談し発覚。教諭と校長が保護者に謝罪し、教諭は自宅待機になっていた。


教師の質が落ちているとか言われて久しいが、頑張っている先生たちを一瞬にして台無しにしてくれるのがこういった事件だ。
医者や公務員や弁護士や国会議員は、何かとこういった事件があると大々的に取り上げられてメディアから総攻撃を受ける対象になりやすい。
僕の目から見ると、身内(マスコミ関係者)絡みの事件はそこまで大きな扱いをしてないんじゃないかと思う。
まあ、そんなのは言わずもがなだからそこまで突っ込まないが。
とにかくだ、こういった教師がいること自体はハッキリ言って管理側(校長、教頭)の責任だろう。
本人が悪いのはもちろんなのだが、責任を取るためにトップを張ってるのだ。
それなりの権力が与えられ、待遇も良いのは当然なのだ。
こういう事件を未然に防ぐのは難しいかもしれないが、防ぐ役割を与えられているのだから、防がなければいけないのだろう。
そう考えると、トップの「お役所」的な考えが今の批判されている状況を作り出している、とも言えるのかも知れない。
なんにしても、一番損をするのは現場で一生懸命頑張っている他の多くの先生なのだから、正直者が損をしないような態勢が出来ることを願うばかりだ。
ま、一種の理想郷なのかもしれないが。

ランキング
ランキング
↑ランキングに飛びます。

死に至る病。

それは人生。
終着駅はハッキリしている。
どんな人間でも、死は訪れる。
治療する方法は、今のところ無い。

どうすれば良いのか……?

こういうときには先人たちの教えが光る。
「病は気から」、これだ。
意思を強く持てば、進行を遅らせる事が出来るかもしれない。
同じ時間だけ生きたとしても、ただ漫然と過ごす日々と、何らかの目的意識を持って快活に過ごす日々。
どれだけの差があるのか、というのは他人からは計り知れないのかもしれない。
そうすることに意味はあるのか、と問われれば、はっきりと「意味は無い」と言い切るしかないだろう。
しかし、そうであったとしても、本人にとって無駄じゃなければ、無駄なものにはならないのだ。

こんなことを書いているオレはどう見ても病んでいます。
本当にありがとうございました。

続きを読む »

 | HOME |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。